社員の能力や個性を伸ばすには教育が欠かせない!

仕事上の問題解決に繋がる研修の機会を設定しよう

社員教育は、個々の社員の能力や個性を伸ばすうえで重要な取り組みの一つとして広く浸透しています。特に、新入社員や中堅社員が仕事上の問題解決をスムーズに行うためには、定期的に実務に即したテーマの研修を取り入れることがポイントです。たとえば、営業職や事務職、経理職など職種ごとに必要なスキルを学べる研修については、大手の民間企業を中心に様々な機会に行われることがあります。また、研修を成功させるには、人事の担当者が研修の目的をハッキリと決めるのはもちろんのこと、それぞれの部署に協力を求めて、研修の対象者はもちろんのこと、上司や先輩などにヒアリングを行うことも大切です。

外部講師による研修は良い刺激になることもある

外部講師による研修は、スケジュールやテーマを決めるために時間が掛かったり、コストが高くなったりする傾向があるものの、研修のマンネリ化を防ぎ、一人ひとりの社員にとって良い刺激になることもあります。特に、社内で質の高い研修を担当できる社員が限られている場合は、いち早く仲介会社を通じて、ニーズに合った外部講師を探し始めることがおすすめです。また、外部講師を効率良く選ぶにあたっては、同業他社の企業の研修の実施状況をチェックしたり、様々な分野のスペシャリストの活躍ぶりを定期的に調べたりすることが大事です。その他、雑誌やインターネットなど各メディアで引っ張りだこの外部講師とコンタクトを取るには、少なくとも研修の数か月以上前から準備を始めると良いでしょう。

社員教育では個々のスキルを伸ばすだけでなく、フォローアップにも注力し、ひとつひとつの業務を徹底的に検証する姿勢が必要です。

通販物流のコストのしくみは?業者選びの注意は?

依頼内容ごとにコストがかかる

通販会社を運営するとき、まずネットなどを通じて顧客から注文を受けます。そのためのネット運営が必要でしょう。注文を受ければその商品を仕入れたり在庫の確認をし、商品が用意できれば梱包をします。梱包が終われば宅配業者に依頼をし、さらに顧客との対応をします。その間に代金のやり取りなども行います。沢山の業務がありますが、実はこの業務の多くを代行会社に代行してもらえます。通販物流会社はが代行会社として知られていて、代行してほしい部分を伝えて依頼をします。代行内容それぞれに価格が設定されているので、どこを代行会社に行ってもらうのが得かを考えながら利用すると良いでしょう。発送のみの依頼もあれば、顧客対応まで依頼するときもあります。

商材ごとに適した通販物流会社を利用

通販会社は店舗を持たずに運営できます。しかし販売する商品は必要で、在庫として保有する必要があります。大きな倉庫に保管をしたり、個人事業なら自宅に保管するでしょう。効率的に通販事業を行うなら通販物流会社に委託すると良いかもしれません。倉庫や仕分け、配送などの業務を代行してもらえます。多くの会社が代行業務を行っていますが、選ぶときには商材に合った業者を選びましょう。アパレルなど衣料品を扱うならそれらに強い業者を選びます。季節に応じたキャンペーンなどに対応できるところでないといけません。食品を扱うなら冷蔵や冷凍の倉庫があるところを利用します。物流機能でコストも変わるので、必要なサービスを安く利用できるところがベストです。

インターネットでの通信販売の需要が高まる中、通信販売の配達などの、物流業務全般のことを通販物流、といいます

起業をする時には将来のビジョンを明確に決めよう!

事業の目的に応じてオフィスの立地を選ぼう

起業を行ううえで、将来のビジョンを明確にしたうえで事業計画を考えることが大切です。特に、事業を行うためのオフィスを構えるにあたっては、事業の目的や業種、顧客層などを考慮しながら立地を選ぶことがポイントです。最近では、起業家向けのレンタルオフィスや貸事務所を専門に扱っている管理会社の数が増えています。そのため、時間を掛けて各物件の立地だけでなく、月々の契約料金や室内の間取り、雰囲気などをじっくりと比較してみると良いでしょう。なお、起業を始めた後に数年おきにオフィスを移転したい場合には、引越し作業の手間がかかりにくい物件を優先的に選ぶことがおすすめです。

従業員の採用のポイントを理解しよう

起業後に従業員を採用してビジネスを進めるにあたっては、求人募集の方法や待遇の決め方について時間を掛けて考えることが大切です。特に、優秀な人材を効率よく集めるには、色々な求人サイトや情報誌、アプリなどの媒体を利用する必要があります。また、正社員を雇用する場合には、労災や健康保険、厚生年金などの経営者側の負担も大きくなるため、ゆとりのある資金計画を立てることがポイントです。最近では、起業家を対象としたセミナーや説明会などが全国各地で行われることがあり、中小企業診断士やキャリアコンサルタントなどのアドバイスを受けながら、起業に向けた計画を立てることが可能です。そのため、従業員の採用の仕方について悩んでいることがあれば、こうした機会を上手く活用することがおすすめです。

フランチャイズ店が何か事件・問題を起こすとニュースを通じて本部は信用を落とし、他のFC店も大きな被害を受けます。そのため、絶対に本部の名を汚さない事を日々意識しながら事業を行う必要があります。

プライバシーを守ろう! 気をつけたいちょっとした行為

ゴミの処理は適切にしよう

悪意を持った人物に自分の個人情報が伝わらないよう、日常生活で気をつけるべき行為があります。そのひとつがゴミの捨てかたです。不要な物として捨てているゴミは、悪意を持った人物から見ると情報の宝庫になっていることもあります。特に注意して処分したいのは手紙類です。郵送物にはあて先となる氏名と住所が必ず表記されています。よく考えずに封筒やハガキを捨ててしまうと、個人情報が漏れる可能性があります。また、差出人の情報にも注意をはらいましょう。自分が所属する学校名や会社名などが印刷されていると、その学校や会社と関係があると知られるおそれがあります。氏名や住所、会員番号など個人を特定する可能性がある部分は細かく破ってから捨ててください。

インターネット上のふるまいは慎重に

プライバシーが外部に漏れるのを防ぐためには、インターネットでの行動にも注意する必要があります。特に気をつけたいのはブログやSNSの投稿内容です。SNSはある程度プライベートな内容がふくまれてもしかたがありませんが、自宅の場所を想像させるような投稿は避けましょう。自宅の最寄り駅などを文章にふくめたり、自宅の外観や室内から見た風景がわかる画像を投稿したりするのは厳禁です。同様に、通勤通学先が想像できそうな内容も避けるのが無難です。気をつけたいのは、交通機関の乱れや悪天候など突発的な事態が発生したときです。注意すべき点を忘れて投稿しがちなので、内容が適切なのか慎重に考えてください。

機密文書とは、会社が取り扱う書類のうち、社外に漏洩することで、会社関係者に不利益が生じる恐れのある文書のことをいい、「極秘文書」「秘文書」「社外秘文書」の3つに分類することができます。

スッキリ片付けてこれであなたもカンタンにお引っ越し!

とにかくいらないものは処分しよう!

いざ引っ越しとなると洋服や雑貨、家具などが膨大な量になっていたりしますよね?日頃のうちから断捨離を心がけている方ならともかく「いらないような気がするけど、でも捨てないでおこうかな。」などといつまでも捨てられずにいたものがクローゼットや押し入れに眠っていることもあると思います。引っ越しでお金や労力をかけないためにも、いらないものは出来るだけ処分しましょう。不用品回収するにも業者によって料金は異なりますので事前にどこならお得に処分してもらえるか、料金を比較してチェックしておくことをオススメします。売れそうなものがあればリサイクルショップなどに買い取ってもらいましょう。楽器やブランド物、新品同様の家具などであれば割と高値で買い取ってくれますよ!引っ越し代も浮きますし、身軽になれそうですね!

引っ越す時に傷や汚れで困ることも

賃貸のアパートや借家か引っ越しをされる方は、いつの間にか壁や床に傷や汚れがついてしまって、必要のないお金がかかってしまうことありますよね?長く住んでいればいるほど傷や汚れが増えていってしまうことも。家族でお住まいの方は子供が壁に落書きしただとか、壁やドアに傷がか絶えないだとか、そういった家庭もあると思います。引っ越しの時に慌てないためにも、出来るだけ汚れは気づいた時にキレイにしたり傷がついてしまったらホームセンターなどで売っているキズ隠しテープを利用してみましょう。引っ越しの忙しい時に時間をかけないためにも早めに対処していくことが大切です。

不用品の回収では不用になった家具や家電の引き取りを行います。大きな荷物も回収してくれるため個人にも事業者にも便利なサービスです。

営業代行のメリットは何?営業力アップは可能?

その商品の売り込み方を教えてくれる

商品やサービスには特徴があり、その特徴をお客さんに知ってもらう必要があるでしょう。事前に特徴が分かっていればそれを営業担当者などが伝えるのでしょうが、新商品などだとどこに特徴があるのか見つけるのが先になります。最初は特徴が分からないまま営業活動をするときもあります。営業代行サービスは営業業務を行うプロが商品の売り込みをしてくれます。人によってはそれぞれの商品の特徴の把握が早い人がいて、どこを売り込んだらいいのかをすぐに見つけてくれます。特徴を見つけるだけでなく、どう売り込んだらいいのかなども示してくれます。自社内だけだと売り込むまでに一定時間かかっていたのに、営業代行サービスならその場で売り込み方まで把握して教えてくれます。

プロの営業の仕事を教えてもらえる

各会社にはそれぞれ営業成績がトップの人がいるかもしれません。営業の仕事は資格などは不要で誰でもできます。一方で技術やテクニックなどをマニュアル化するのが難しく、トップの人のやり方を真似すれば同じような成績が挙げられるわけでもありません。営業の仕事で成績を残すには、長年の経験と勘が必要と言われていました。それぞれの会社のトップセールスはその会社ではトップかもしれませんが、別の会社で別の商品を売ろうとするとなかなか売れないかもしれません。それだとプロの営業とは言えないでしょう。営業代行サービスではプロの営業担当者が来てくれます。いろいろな会社で一定の実績を残すためのノウハウを持っていて、それを営業担当者に教えてくれます。

経営・開発・製造・営業、事業を行う際に必要な業務は多岐にわたります。営業代行を利用することで、人員不足や業務負担の削減が可能となります。

太陽光発電導入時にどんなコストを考える?選ぶときのポイントも考えよう!

初期費用とランニングコストを考慮する

電気の供給方法いえば、電力会社が発電をしてそれを購入するのが一般的でした。最近は自家発電装置などがあり、ガスを使って発電する装置などの導入が進んでいます。さらに自然にある太陽光で発電する装置の普及も進んでいて、新築時に設置したり追加で設置したりを考える時があります。太陽光発電装置は安いものではなく非常に費用が掛かります。まず初期費用として太陽光パネルであったりパワーコンディショナーなどの装置代、さらにさまざまな工事費用が掛かります。設置さえすれば後は何もしなくても発電するだけのように感じますが、実はランニングコストがそれなりにかかります。運用のために別途電気が必要ですし、点検や清掃の他部品交換なども必要です。トータルコストを比較して選ぶ必要があります。

発電量重視か耐久性重視か

火力発電や水力発電は、タービンを回して発電をする仕組みです。自然エネルギーを使う風力発電も風車を回して発電をするため、それなりに部品の傷みが発生します。太陽光発電は太陽光によって起こる化学反応で発生する電気を元に発電を行います。タービンなどが駆動するわけではないので、あまり傷みなどは発生しないかもしれません。ただ化学反応が起きて電気が発生している部分はそれなりに負担がかかるので、長く使うにつれて徐々に能力が落ちてきます。導入をするときには発電量を重視するのか、耐久性を重視するのかがポイントになるでしょう。耐久性が高いものは傷みにくい仕組みを用いているので、長く利用できる可能性があります。ただ発電量は他の仕組みよりも劣ります。

太陽光発電の価格、その設置費用は1kWあたり25万円前後とも言われています。自然エネルギーを用いて発電し、消費することで、電気代の節電と売電収入により、経済的なメリットを得られる可能性もあるのです。

事業承継?面倒でも準備しておくべき理由とは

事業承継は考える必要アリ

会社経営者にとって、事業承継は大きな問題です。普通、自分が引退することなど考えていないでしょう。でも、必ず終わりがきます。いくら自分が作った会社といっても、最終的には誰かに任せなければいけないか、会社経営をやめることになるのです。やめるのがもったいないのなら、誰かに引き継がせることになります。それが事業承継です。

事業承継の3つのポイント

事業承継では考えるポイントが3つあります。誰を後継者にするのか、自社株を引き継がせる人は誰にするか、選んだ後継者がしっかりと会社経営できるのか、という点。後継者にするべき人物は、以前ならば自分の子供が有力でした。親族でない人を後継者にするのも珍しくありません。株式の承継も、前もって決めておけばスムーズに経営できます。株主が納得するように引き継がせる必要があります。後継者になる人物をどのように育てるのかも、引退する前から考えておかなければなりません。会社のトップとなるべき人物です。それなりの責任を背負える人間を選定しなければならないのです。

親族以外での事業承継

事業承継は、健康なうちにある程度は決めておいたほうがいいでしょう。以前は家庭内で事業承継が行われていたのが主流でした。現在は、親族と関係ない人が承継するケースが主流になっています。例えば、経営者の子供を社長にする場合に、その子供に経営する能力がない場合があるからです。子供の自由に生きてほしいと考える人もいます。子供の人生を尊重して、親族と関係ない人が事業承継をするケースが増えています。引退したときのことを考えるのは面倒かもしれません。前もって決めておけば、引き継ぐ人や関わる人も安心です。事業承継を頭の片隅にでも入れてくださいね。

事業承継とは、会社の「事業」を後継者に譲渡し引き継がせることです。事業には、会社が有する株式や個別資産、経営権や負債も含まれます。親族・従業員・第三者(M&A)の3つが主な後継者として挙げられます。