費用をできるだけ抑えて倉庫をレンタルするには?

借りる倉庫の場所に注目しよう!

会社に収納スペースがたくさんあれば、日々の仕事に関係してくる書類等は、収納スペースに収納していけば良いでしょう。しかし、全ての会社に収納スペースがあるわけでもなく、収納スペースがあっても余裕のない会社は非常に多いです。これ以上の荷物を置くのは難しい場合、また会社内をもっとすっきりさせたい場合に利用すると便利なのが、貸し倉庫です。小さいスペースから大きいスペースまで借りることができるようになっていまして、自由自在に荷物を収納できます。会社としてはできるだけ費用を抑えた形で貸し倉庫を利用したい場合は、できるだけ地方にある貸し倉庫を利用するのがコツです。貸し倉庫がある場所の地価が高い地域であれば、やはり月々の利用料金はそれなりの金額に跳ね上がるでしょう。しかし、もともと地価が安い地域であれば、貸し倉庫の場所代もそれほどかかりませんので、安く借りることができます。

単に地方であればあるほど良いわけでもない!

田舎に行けば行くほど、土地の価値は低くなりますから、当然、土地単価は安くなって、その地域にある貸し倉庫の月々の費用も安くなるでしょう。しかし、あまりにも会社から貸し倉庫の位置が遠くなってしまうと、結果的に高くなることがあります。具体的には、ずっと荷物を預けっぱなしであれば良いかもしれませんが、荷物の出し入れがいずれ出てくるでしょう。そうすると、荷物の運搬費用が当然発生してきます。月々の貸し倉庫の費用は安く抑えることができたとしても、結果的に運送料が高くなる可能性があります。ですから、借りる場所はバランスがとても大切です。

3PLとは、サード・パーティー・ロジスティクスの略であり第三者の物流を代行して提供する事業形態のことです。