社員の能力や個性を伸ばすには教育が欠かせない!

仕事上の問題解決に繋がる研修の機会を設定しよう

社員教育は、個々の社員の能力や個性を伸ばすうえで重要な取り組みの一つとして広く浸透しています。特に、新入社員や中堅社員が仕事上の問題解決をスムーズに行うためには、定期的に実務に即したテーマの研修を取り入れることがポイントです。たとえば、営業職や事務職、経理職など職種ごとに必要なスキルを学べる研修については、大手の民間企業を中心に様々な機会に行われることがあります。また、研修を成功させるには、人事の担当者が研修の目的をハッキリと決めるのはもちろんのこと、それぞれの部署に協力を求めて、研修の対象者はもちろんのこと、上司や先輩などにヒアリングを行うことも大切です。

外部講師による研修は良い刺激になることもある

外部講師による研修は、スケジュールやテーマを決めるために時間が掛かったり、コストが高くなったりする傾向があるものの、研修のマンネリ化を防ぎ、一人ひとりの社員にとって良い刺激になることもあります。特に、社内で質の高い研修を担当できる社員が限られている場合は、いち早く仲介会社を通じて、ニーズに合った外部講師を探し始めることがおすすめです。また、外部講師を効率良く選ぶにあたっては、同業他社の企業の研修の実施状況をチェックしたり、様々な分野のスペシャリストの活躍ぶりを定期的に調べたりすることが大事です。その他、雑誌やインターネットなど各メディアで引っ張りだこの外部講師とコンタクトを取るには、少なくとも研修の数か月以上前から準備を始めると良いでしょう。

社員教育では個々のスキルを伸ばすだけでなく、フォローアップにも注力し、ひとつひとつの業務を徹底的に検証する姿勢が必要です。