働く価値を見出そう…テンションの上がる職場?!

倉庫を運営する者がやること

働いている現場では、メリットよりも不満が多くなりがちです。現場の不満は解消されない限りなくなりません。不満が解消されれば作業者は納得しますから、それだけで生産性が上がることもあります。倉庫を運営する立場の社員なら、作業者の不満を聞き逃してはいけません。何故ならその不満こそが倉庫の改善に繋がるヒントになるからです。搬送に使うオリコン置場の定位置を少しずらしただけでも、作業性が良くなり品質は向上するものです。倉庫で働く価値を見出すためにも、定置管理や環境改善に勤めるといいでしょう。

お気に入りの商品がある場所

倉庫の中で働くなら倉庫の選び方も考えるといいです。各倉庫とも管理している商品は違います。電気製品の修理部品を扱っている倉庫もあれば、食料品を扱っている倉庫もあります。キッチン雑貨に興味があるという人なら、サニタリーなどのキッチン用品を扱っている倉庫で働くとやりがいを感じるはずです。倉庫の仕事は、地味でつまらないというようなイメージがあるのなら、それは間違いです。趣味で集めているものやお気に入りの商品は、必ずと言っていいほどどこかの倉庫で保管されているに違いありません。そんな風に考えると、倉庫で働くテンションも上がるのではないでしょうか。

テンションの上がる環境

好きな商品が管理されている倉庫で働けるなら、倉庫内の作業も楽しく感じることができます。興味のある商品ならその物に対する好奇心も高いため、商品の知識も高まりますし、職場に対する愛着も湧きます。倉庫での仕事は、整理やピッキングなど単純作業のイメージが強いですが、テンションを上げてくれる環境としては申し分ありません。働く倉庫によっては、一石二鳥になると言ってもいいでしょう。

通信販売、テレビショッピングの頃に比べて、インターネット販売が多くなってきたので、物流が大変盛んになってきました。それによって、運送業者は大変忙しくなってきています。

代理店やフランチャイズで起業するメリット

代理店・フランチャイズでの起業は時間がかかりません

自分一人で何にも頼らず起業する場合は、どんな商品・サービスを提供するのか考えなかればなりません。まして仕入れ先や店舗を借りる資金なかれば起業は不可能です。何も頼らないで自分で独自に起業する場合は開店するまでに長い期間が必要で大変な労力が必要になります。ただし代理店や・フランチャイズを活用すればある程度世の中に認知された商品を、決められた仕入れ先から仕入れて、販売方法もマニュアルや研修制度が確立されているため利用すれば比較的短時間で開業でるメリットがあります。

代理店とフランチャイズの違い

フランチャイズは全てほとんどマニュアルがあり商品の仕入れや展開方法、仕入先、店舗づくりなど全てマニュアル通り行うことによりスムーズに開店が出来るようになっています。経営の仕組みも売り上げの何%かを支払う方法でほとんど親会社の指示によって運営されます。代理店の場合はあり程度知名度のある商品を扱う点ではフランチャイズと同じですが、販売に対する自由度は全く異なりどのような販売方法で販売してしても問題はなく制約がない点が代理店の特長です。

安定した利益が確保できる

起業を考える場合一番の悩みは資金です。代理店やフランチャイズを利用すれば起業までに期間が短くなりそれだけ費用をかけないで開店ができます。商品もある程度知名度があるため販売の予測が立てやすく、資金繰りも仕入れと販売のバランスが取れて過剰在庫をにならないため安定した運営ができます。全く白紙で一からのスタートは時間と資金と労力がかかり、耐えることが出来ず撤退するケースもかなりあります。まずは最初に起業を考えるのであれば代理店やフランチャイズを利用して店舗を増やして次のステップに進むことが重要になります。

販売店は直接自社の商品を販売していますが、代理店はその名の通り代理で販売しています。よって購入後に商品にクレームがあっても対応は出来ません。