起業をする時には将来のビジョンを明確に決めよう!

事業の目的に応じてオフィスの立地を選ぼう

起業を行ううえで、将来のビジョンを明確にしたうえで事業計画を考えることが大切です。特に、事業を行うためのオフィスを構えるにあたっては、事業の目的や業種、顧客層などを考慮しながら立地を選ぶことがポイントです。最近では、起業家向けのレンタルオフィスや貸事務所を専門に扱っている管理会社の数が増えています。そのため、時間を掛けて各物件の立地だけでなく、月々の契約料金や室内の間取り、雰囲気などをじっくりと比較してみると良いでしょう。なお、起業を始めた後に数年おきにオフィスを移転したい場合には、引越し作業の手間がかかりにくい物件を優先的に選ぶことがおすすめです。

従業員の採用のポイントを理解しよう

起業後に従業員を採用してビジネスを進めるにあたっては、求人募集の方法や待遇の決め方について時間を掛けて考えることが大切です。特に、優秀な人材を効率よく集めるには、色々な求人サイトや情報誌、アプリなどの媒体を利用する必要があります。また、正社員を雇用する場合には、労災や健康保険、厚生年金などの経営者側の負担も大きくなるため、ゆとりのある資金計画を立てることがポイントです。最近では、起業家を対象としたセミナーや説明会などが全国各地で行われることがあり、中小企業診断士やキャリアコンサルタントなどのアドバイスを受けながら、起業に向けた計画を立てることが可能です。

そのため、従業員の採用の仕方について悩んでいることがあれば、こうした機会を上手く活用することがおすすめです。

フランチャイズ店が何か事件・問題を起こすとニュースを通じて本部は信用を落とし、他のFC店も大きな被害を受けます。そのため、絶対に本部の名を汚さない事を日々意識しながら事業を行う必要があります。

プライバシーを守ろう! 気をつけたいちょっとした行為

ゴミの処理は適切にしよう

悪意を持った人物に自分の個人情報が伝わらないよう、日常生活で気をつけるべき行為があります。そのひとつがゴミの捨てかたです。不要な物として捨てているゴミは、悪意を持った人物から見ると情報の宝庫になっていることもあります。特に注意して処分したいのは手紙類です。郵送物にはあて先となる氏名と住所が必ず表記されています。よく考えずに封筒やハガキを捨ててしまうと、個人情報が漏れる可能性があります。また、差出人の情報にも注意をはらいましょう。自分が所属する学校名や会社名などが印刷されていると、その学校や会社と関係があると知られるおそれがあります。氏名や住所、会員番号など個人を特定する可能性がある部分は細かく破ってから捨ててください。

インターネット上のふるまいは慎重に

プライバシーが外部に漏れるのを防ぐためには、インターネットでの行動にも注意する必要があります。特に気をつけたいのはブログやSNSの投稿内容です。SNSはある程度プライベートな内容がふくまれてもしかたがありませんが、自宅の場所を想像させるような投稿は避けましょう。自宅の最寄り駅などを文章にふくめたり、自宅の外観や室内から見た風景がわかる画像を投稿したりするのは厳禁です。同様に、通勤通学先が想像できそうな内容も避けるのが無難です。気をつけたいのは、交通機関の乱れや悪天候など突発的な事態が発生したときです。注意すべき点を忘れて投稿しがちなので、内容が適切なのか慎重に考えてください。

機密文書とは、会社が取り扱う書類のうち、社外に漏洩することで、会社関係者に不利益が生じる恐れのある文書のことをいい、「極秘文書」「秘文書」「社外秘文書」の3つに分類することができます。