会社で派遣の運転手を雇った場合のメリットは?

プロ意識の高い運転手を派遣

会社で役員用の運転手を一人雇った場合、基本的には仕事は役員のためのドライバーになりますから、車を運転していない時は人件費が無駄になってしまうことがあります。もちろん、社員として雇用して運転手業務の他に仕事内容を明確にしておけば、車を運転していない時の仕事はあるでしょう。しかし、それでは運転手としてのプロ意識が薄れる可能性もあります。コストを抑えてプロの運転手を利用したいなら、派遣の運転手を雇うのが良いです。

スペシャリストが来てくれる

派遣の運転手を利用すれば、運転の技術力は当然ながらプロです。さらには役員用ですから、乗車する方への気配りやマナーもレベルが高いです。これなら安心して雇うことができますのでおすすめです。さらに短期間での契約もできますし、長期間での契約も可能です。会社でどれくらいの頻度で運転手が必要になるのかによって運転手を派遣しましょう。運転してもらうときだけ費用が発生することになるため、人件費で無駄がでません。

最初はスポット利用がおすすめ

短期間で派遣の運転手を最初に利用してみると良いでしょう。スポットで利用してみることで、派遣の運転手の質などを細かくチェックすることができます。万一、利用してみてあまりしっくり来なければ、また別の派遣の運転手を利用すれば良いです。いきなり長期で雇ってしまうと、その契約期間中は利用することになります。もちろん、そんな中途半端な派遣の運転手が来ることはまずありませんが、最初は様子見で短期契約がおすすめです。

役員車、社用車での送迎運転手として。送迎バス、配達業など、どんな車種にでも、ニーズに合わせた専門性の高いドライバーを調達出来ます。それが運転手の派遣です