事業承継?面倒でも準備しておくべき理由とは

事業承継は考える必要アリ

会社経営者にとって、事業承継は大きな問題です。普通、自分が引退することなど考えていないでしょう。でも、必ず終わりがきます。いくら自分が作った会社といっても、最終的には誰かに任せなければいけないか、会社経営をやめることになるのです。やめるのがもったいないのなら、誰かに引き継がせることになります。それが事業承継です。

事業承継の3つのポイント

事業承継では考えるポイントが3つあります。誰を後継者にするのか、自社株を引き継がせる人は誰にするか、選んだ後継者がしっかりと会社経営できるのか、という点。後継者にするべき人物は、以前ならば自分の子供が有力でした。親族でない人を後継者にするのも珍しくありません。株式の承継も、前もって決めておけばスムーズに経営できます。株主が納得するように引き継がせる必要があります。後継者になる人物をどのように育てるのかも、引退する前から考えておかなければなりません。会社のトップとなるべき人物です。それなりの責任を背負える人間を選定しなければならないのです。

親族以外での事業承継

事業承継は、健康なうちにある程度は決めておいたほうがいいでしょう。以前は家庭内で事業承継が行われていたのが主流でした。現在は、親族と関係ない人が承継するケースが主流になっています。例えば、経営者の子供を社長にする場合に、その子供に経営する能力がない場合があるからです。子供の自由に生きてほしいと考える人もいます。子供の人生を尊重して、親族と関係ない人が事業承継をするケースが増えています。引退したときのことを考えるのは面倒かもしれません。前もって決めておけば、引き継ぐ人や関わる人も安心です。事業承継を頭の片隅にでも入れてくださいね。

事業承継とは、会社の「事業」を後継者に譲渡し引き継がせることです。事業には、会社が有する株式や個別資産、経営権や負債も含まれます。親族・従業員・第三者(M&A)の3つが主な後継者として挙げられます。

社員研修で大事なこと!ポイントを絞って確実に覚えてもらうこと!

社員研修ではポイントを絞ることが大事

社員研修ではポイントを絞ることが重要です。ポイントを絞っておけば、学ぶことが分かりやすいです。また、学ぶことを具体的にしておくことも大事です。研修を受けたらどうなれるのかということが分かると、社員のやる気が変わるでしょう。社員のやる気によって効果も変わってきますので、やる気があることは重要になります。他に研修のポイントを絞る利点としては、無駄なことが少なくなることです。無駄に受ける社員がいなくなりますし、それにともなって無駄な時間も減ります。

そう考えると、ポイントを絞ることは、受ける側にもメリットがあるのです。一方でポイントがぼやけていると、何の成果もないまま終わることも考えられます。そうならないためには、学ぶべきことのポイントを明確にすることが大事でしょう。さらにポイントは1つか2つに絞ると、受ける側のキャパシティを越えることは少ないです。新しく覚えることは多くない方が覚える側としては楽なことが多いです。研修では時間がないことが多いので、覚えることが多いと1つも覚えきれないということが起きます。

覚えて帰ってもらうことが目標

研修が終わった後に、受けた人に何かが残っていることを社員研修の目標にするといいでしょう。何かを覚えて帰ってもらうためには、受ける人のレベルに合わせることも重要になります。レベルが合わない研修になってしまうと、誰のためにもならない研修になるのです。できる限り終わった後に、研修が何かの役に立つようにすることが重要です。

管理職研修を行う事によって、管理職に必要とされる知識やスキルを身に付けた人材を育成させられるので社員のスキルアップになります。

会社で派遣の運転手を雇った場合のメリットは?

プロ意識の高い運転手を派遣

会社で役員用の運転手を一人雇った場合、基本的には仕事は役員のためのドライバーになりますから、車を運転していない時は人件費が無駄になってしまうことがあります。もちろん、社員として雇用して運転手業務の他に仕事内容を明確にしておけば、車を運転していない時の仕事はあるでしょう。しかし、それでは運転手としてのプロ意識が薄れる可能性もあります。コストを抑えてプロの運転手を利用したいなら、派遣の運転手を雇うのが良いです。

スペシャリストが来てくれる

派遣の運転手を利用すれば、運転の技術力は当然ながらプロです。さらには役員用ですから、乗車する方への気配りやマナーもレベルが高いです。これなら安心して雇うことができますのでおすすめです。さらに短期間での契約もできますし、長期間での契約も可能です。会社でどれくらいの頻度で運転手が必要になるのかによって運転手を派遣しましょう。運転してもらうときだけ費用が発生することになるため、人件費で無駄がでません。

最初はスポット利用がおすすめ

短期間で派遣の運転手を最初に利用してみると良いでしょう。スポットで利用してみることで、派遣の運転手の質などを細かくチェックすることができます。万一、利用してみてあまりしっくり来なければ、また別の派遣の運転手を利用すれば良いです。いきなり長期で雇ってしまうと、その契約期間中は利用することになります。もちろん、そんな中途半端な派遣の運転手が来ることはまずありませんが、最初は様子見で短期契約がおすすめです。

役員車、社用車での送迎運転手として。送迎バス、配達業など、どんな車種にでも、ニーズに合わせた専門性の高いドライバーを調達出来ます。それが運転手の派遣です

働く価値を見出そう…テンションの上がる職場?!

倉庫を運営する者がやること

働いている現場では、メリットよりも不満が多くなりがちです。現場の不満は解消されない限りなくなりません。不満が解消されれば作業者は納得しますから、それだけで生産性が上がることもあります。倉庫を運営する立場の社員なら、作業者の不満を聞き逃してはいけません。何故ならその不満こそが倉庫の改善に繋がるヒントになるからです。搬送に使うオリコン置場の定位置を少しずらしただけでも、作業性が良くなり品質は向上するものです。倉庫で働く価値を見出すためにも、定置管理や環境改善に勤めるといいでしょう。

お気に入りの商品がある場所

倉庫の中で働くなら倉庫の選び方も考えるといいです。各倉庫とも管理している商品は違います。電気製品の修理部品を扱っている倉庫もあれば、食料品を扱っている倉庫もあります。キッチン雑貨に興味があるという人なら、サニタリーなどのキッチン用品を扱っている倉庫で働くとやりがいを感じるはずです。倉庫の仕事は、地味でつまらないというようなイメージがあるのなら、それは間違いです。趣味で集めているものやお気に入りの商品は、必ずと言っていいほどどこかの倉庫で保管されているに違いありません。そんな風に考えると、倉庫で働くテンションも上がるのではないでしょうか。

テンションの上がる環境

好きな商品が管理されている倉庫で働けるなら、倉庫内の作業も楽しく感じることができます。興味のある商品ならその物に対する好奇心も高いため、商品の知識も高まりますし、職場に対する愛着も湧きます。倉庫での仕事は、整理やピッキングなど単純作業のイメージが強いですが、テンションを上げてくれる環境としては申し分ありません。働く倉庫によっては、一石二鳥になると言ってもいいでしょう。

通信販売、テレビショッピングの頃に比べて、インターネット販売が多くなってきたので、物流が大変盛んになってきました。それによって、運送業者は大変忙しくなってきています。

代理店やフランチャイズで起業するメリット

代理店・フランチャイズでの起業は時間がかかりません

自分一人で何にも頼らず起業する場合は、どんな商品・サービスを提供するのか考えなかればなりません。まして仕入れ先や店舗を借りる資金なかれば起業は不可能です。何も頼らないで自分で独自に起業する場合は開店するまでに長い期間が必要で大変な労力が必要になります。ただし代理店や・フランチャイズを活用すればある程度世の中に認知された商品を、決められた仕入れ先から仕入れて、販売方法もマニュアルや研修制度が確立されているため利用すれば比較的短時間で開業でるメリットがあります。

代理店とフランチャイズの違い

フランチャイズは全てほとんどマニュアルがあり商品の仕入れや展開方法、仕入先、店舗づくりなど全てマニュアル通り行うことによりスムーズに開店が出来るようになっています。経営の仕組みも売り上げの何%かを支払う方法でほとんど親会社の指示によって運営されます。代理店の場合はあり程度知名度のある商品を扱う点ではフランチャイズと同じですが、販売に対する自由度は全く異なりどのような販売方法で販売してしても問題はなく制約がない点が代理店の特長です。

安定した利益が確保できる

起業を考える場合一番の悩みは資金です。代理店やフランチャイズを利用すれば起業までに期間が短くなりそれだけ費用をかけないで開店ができます。商品もある程度知名度があるため販売の予測が立てやすく、資金繰りも仕入れと販売のバランスが取れて過剰在庫をにならないため安定した運営ができます。全く白紙で一からのスタートは時間と資金と労力がかかり、耐えることが出来ず撤退するケースもかなりあります。まずは最初に起業を考えるのであれば代理店やフランチャイズを利用して店舗を増やして次のステップに進むことが重要になります。

販売店は直接自社の商品を販売していますが、代理店はその名の通り代理で販売しています。よって購入後に商品にクレームがあっても対応は出来ません。